logo



4:31 PM comment(4)



長男はいきものががり。

何の前触れもなく冬休み前にザリガニを持って帰ってきた。

20101231_1842.jpg

クラスで飼っているものを冬休み中に預かってきたらしい。

長男が生き物好きなのは知っている。
次男も好きなのは知っている。

生き物の触れないような男の子にはなって欲しくないけど、けどでも、私はあまり得意ではない。。。

できれば家の中でザリガニを飼いたくない。

だからって、ダメっていうのもかわいそうだし、外で飼っても寒くて死んでしまいそうだし...。悶々。


そんなある日。

ちょっと目を離したすきに、次男が、ザリガニの入っている虫かごをバックのように持って、取り込んだばかりの布団と洗濯物のところへ行き、布団にのぼった。

「あ!!」

と長男が叫んだとたん。



...次男、布団の上で転んだ。 




T△T


♪ 人は哀しい 哀しいものですね〜 by美空ひばり











昨日のクリスマスイヴ。

一足先に家に帰ったパパから「チキンは買ってあるから!」の頼もしいメールあり。
いや〜、今年はやけに気が利くなぁと思いながら、すぐに食べる気満々で帰ると、、、

そこには、でっかい生の鶏肉が!! オ〜ノ〜ToT

チキンっていったら、調理済みかと思ったわよ!!

20101224_1815.jpg

ま、美味しかったから許そう。

20101225_1821.jpg

シュトーレン、最高♥♥♥


朝、枕元にプレゼントを見つけて喜ぶ息子たちを見て、あと何年素直に喜んでくれるんだろうなって考えちゃった。

嬉しいよね。サンタさんからのプレゼント。







12:18 PM comment(4)



20101219_1805.jpg

朝からパン教室toiroでシュトーレン作り。

ちょうど1年前にtoiroの幸栄ちゃんから頂いて、初めて食べたシュトーレン。
とっても美味しかったから、絶対習おうと思ってたの^^

中にはラム酒に1年漬かっていい味になったドライフルーツがたっぷり!

食べごろはクリスマス。
あ〜〜たのしみ♥
(大人は自分でワクワクを作らなきゃね。)








8:22 PM comment 



スクリーンショット.jpg
今日は次男の発表会。

劇「おおきなかぶ」の役について、ずっと「ボクは、ワンワン(犬)よ。」と言っていたのに、実際はニャンニャン(猫)だったことに驚愕。

このしっぽは、猫でしょう。苦笑


終始恥ずかしそうにしていて、とってもおとなしい子に見えた。(歌もほとんど歌ってなかった。)

これがほんとの猫かぶり。


家に帰ったら、大きな声で歌いだしたよー。







9:59 PM comment 



宇多田ヒカルのUstream生中継見て。
面白いことやる人をリアルタイムでみることができる幸せを感じた。

で、関係ないけど、急に思い出したこと。
 
長男の名前の由来。

先日、小学校の担任の先生に息子の名前の由来を聞かれ
「父親にあわせて3文字で季節感があって...」
なんて答えたけど
忘れてたことがあった。

大学のときの教授の名前。

体は弱いけれど、魂の強い先生で、たまーにしか大学に来ないから、私の素行の悪さを知らず(?)先入観なしに講評してくれる。大好きだった先生。

長男の妊娠を知った直後、先生が亡くなられたという知らせをうけ、勝手に一文字いただいたのでした。

すごいなって思う人に会う幸せ。

会いたい人、いるなぁ。

会いたいなぁ。










あああ、悪夢再び。

20101205_1768.jpg

そうです。次男も乳歯を折りました。
ガーーーン!! T△T

寝転んだパパの上をジャンプして遊んでいて転び、お尻に顔をぶつけてしまいました。
そんなの、いつものことなのに!

パパ「あ!なんか飛んだ!」

パパ「あ!!歯がない!!」

私「えーーーーー!!!!」

折れた歯を牛乳に浸けて、すぐに歯医者に行ったものの、残った歯根が粉砕していてくっつけるのは無理でした。泣

幸いだったのは下の歯で目立たないことと、歯が折れた意外は怪我はなく(お尻が相手だから、あたりまえといえばあたりまえ)全く痛がらなかった事。

手術中も途中で寝て、先生にびっくりされたという。。。

20101203_1755.jpg

長男の時程ひどい落ち込みではないけれど、やっぱりブルー。

我が家はみんな、そういう星のもとに生まれたのね。
気長に待つしかないな。。。











朝から激しい雨に起こされた。
せっかくだから7年前に思いを馳せる。

20101203_1764.jpg

長男が生まれて7年。

もう7年。
まだ7年、という気も。

子供の成長の見守りながら、親は自己の再構築をしています。

日本画の一回引いた線をまた引き直している感じ。

もしかしたら線の繊細さや美しさは無くなるけど、力強く迷いのない線になっている気がする。

たとえ苦労が耐えないとしても、そういう作業をさせてもらえるのは、ありがたいことなんだろうなぁ、とぼんやり思ってみたり。


今年もモンブラン。








11:04 PM comment 



学生時代から使っていた鍋がついにダメになり、念願のstaubさんが我が家にやってきた。
長い片思いが実った心境に似てる?

20101202_1748.jpg

ピコ・ココット ラウンド ブラック 24cm 3.8L

4人家族で 大きすぎず小さすぎず。
重さは、「すごく重い」と聞いていたわりには、軽かった。
(かまどさんの5合炊きより重くないんじゃないかなと。)

とりあえず冷蔵庫にあったものを煮てみたら、やっぱりおいしかった!

これからよろしく!








profile
はまだなぎさ
我が家の何でもない毎日を綴っています。
笑いと涙と誇りと不安と色んなものが混ざり合って、今日も一日が過ぎていきます。

books


































































































































archive

page_top